高卒からの狙い目職種

高卒でも狙いを定めて就職を勝ち取ろう!

高卒の就職先として狙い目の「自動車整備士」に向いている人はこんな人

トピックス

向いている人とは

向いている人とは

手先が器用な人

自動車整備士の資格は、工業高校の学科によっては卒業までに3級を取得できますから、高卒の就職先としてはポピュラーといっていいでしょう。とはいえ、資格の有無以前に向き不向きはあります。どういった人が自動車整備士に向いているのでしょうか。まず、手先が器用なことです。自動車はたくさんの部品によって成り立っていますから、ちょっとしたミスが不具合につながってしまう可能性があります。特に自動車の不具合の場合、交通事故につながってしまう可能性すらあるのです。ミスを起こさないためにも、的確な作業のできる手先の器用な人の方が、自動車整備士の適性は高いといっていいでしょう。

集中力が高い人

上にも書きましたが、車の整備においてミスは致命的といっていいでしょう。しかも、車の整備には一定の時間がかかります。部品点数の多いエンジンや変速機の分解整備なら、相当な時間がかかるといっていいでしょう。また、ディーラーなど大規模整備工場では1日に何台分もの作業をしなくてはならないケースも出てくるでしょう。こうした長時間の作業においてミスをしないためには、集中力が高く、長時間持続する人が有利になってきます。すぐ集中力が途切れてしまう人では、ポカミスをしてしまう可能性があるからです。

向上心がある人

これは次項とも関連していますが、車に興味があって、新しい技術についての知識を貪欲に得ようとする向上心があることも自動車整備士にとっては重要です。ハイブリッドやクリーンディーゼルなど、車の技術は日進月歩です。当然のことながら、整備のやり方も昔の車とは異なっているところが多いでしょう。いつまでも昔のままの知識では、新しい技術に対応しきれません。貪欲に最新の知識について学び続けていれば、新技術を使用した車の整備を依頼されたときに役に立ちます。学校に行っているときだけではなく、社会に出てからも勉強は必要だということです。

車が好きな人

とはいえ、自動車整備士は基本的に肉体労働です。汚れてもいい服を着て作業をしていることからも分かるように、オイルなどによって服や体が汚れてしまうのも確かです。「きつい、汚い、危険」といういわゆる「3K」労働のひとつといわれても仕方ないでしょう。そういう仕事だからこそ、車が好きかどうかというのは重要なのです。逆に言えば、上記の3条件に少々難があっても、車が好きな人なら努力でカバーしていくことも可能なのです。「好きこそものの上手なれ」なのです。自動車整備士には国家資格はありますが、所持していなくても仕事をすること自体は可能ですし、現場で経験を積めば学歴に関係なく受験資格ができます。車好きならば、自動車整備士を目指してみるのもいいかもしれませんね。

第二新卒の転職活動に役立つ

  • 仕事は設計書作成から

    第二新卒でIT業界への転職を狙う人のために、プログラマの仕事内容を紹介します。プログラマとは、その名の通りプログラムをつくる人ですが、思いつきでプログラムを書いているわけではありません。プログラマは、SEがつくった仕様書にそってプログラミングをしていきます。仕様書というのは、プログラムの設計書のようなものです。開発規模にもよりますが、小さな規模の場合は仕様書作成もプログラマが担当することも良くあります。プログラミングのスタートは設計書づくりから始まるのです。この記事を読む

  • 優良企業に転職するなら

    優良企業に転職したい第二新卒者も自動車整備士という道が大変おすすめです。ひと昔前までは自動車は買って所有するのが一般的でしたが、時代の流れとともにその傾向も変化し、必要な時だけ借りて使うレンタカーや、何人かで共有するカーシェアリングなど、サービスが多様化しています。自動車整備士の就職先もそれに伴って幅が広がってきています。カーシェアリングの分野ではタイムズなどの大手優良企業が進出し、自動車整備士の求人も大手らしく安定した好待遇となっています。この記事を読む

  • 専門はメンテナンスや修理

    新卒で入社した会社が自分に合わず次の就職に悩んでいる第二新卒の人にも手に職をつけることをおすすめします。車が好きなら自動車整備士を目指してみませんか?自動車整備士は車両のメンテナンスや修理を行う自動車整備のエキスパートです。男性の割合が多い仕事ですが、女性整備士も増えてきています。自動車の整備不良は事故につながり、最悪の場合は人の命に関わることもあります。手先が器用な人、集中力が高い人、責任感が強い人、丁寧な仕事ができる人などに向いている仕事です。この記事を読む

人気の記事

  • 求人情報はネットで探そう

    第二新卒の求人情報はネットで探すのがベストです。宅地建物取引士の資格を持っているなら不動産業界に特化した求人サイトなどで検索すれば、大量に求人情報を得ることができます。さらにスカウト登録などをしておけば、求人企業からオファーが来たり、仲介業者から非公開求人を紹介してもらえたりもします。その中から、より好条件なものを吟味しましょう。ただ給料の金額だけで選ぶのではなく、仕事内容や事業所の雰囲気、福利厚生など総合的に比較判断することが大切です。宅地建物取引士の資格をもっていれば、資格手当てがつくこともあります。この記事を読む

  • 取得者の独占業務

    第二新卒で就職先を探すなら、特定の業界に特化して武器となる資格を取るのもひとつの手です。たとえば不動産業界への就職・転職であれば「宅地建物取引士」の資格を取っておけばかなり強力な武器となります。なぜなら不動産業では従業員の5人に1人は宅地建物取引士の資格保持者でなければならないと義務付けられているためです。さらに、重要事項の説明業務など、宅地建物取引士しかおこなってはいけないとされる独占業務もいくつか指定されています。この記事を読む

  • 働き方を考えよう

    第二新卒で転職を考えているなら、ついでにもっと将来的なことも考えてみましょう。今は目先の就職で頭がいっぱいかもしれません。でも、この先ずっと定年まで会社員として働きたいですか?日本ではまだまだ会社員という働き方が一般的かもしれませんが、それでも徐々に働き方は多様化しています。フリーランスや個人事業主、起業家など、企業に所属せずに自分の力で稼ぐ人が増えているのです。いずれは独立したいと思うなら、プログラマなど、独立に有利な職種を選ぶのも得策です。この記事を読む

ページTOPへ