高卒からの狙い目職種

高卒でも狙いを定めて就職を勝ち取ろう!

高卒でプログラマとして就職するためにプログラミングを学ぶコツ

トピックス

学ぶ理由をはっきりさせる

プログラミング初心者がプログラマを目指してゼロからプログラミングを学ぶのであれば、まず最初にしなければならないのはなぜプログラミングを学ぶのかという「学ぶ理由」をはっきりさせることでしょう。プログラミングを学ぶこと自体は目的ではないのです。プロのプログラマになるのであれば、プログラミングで何がしたいのかという明確な目標を持つことが重要です。
「プログラムを作成してこういうサービスを提供したい」とか、「フリーランスになって高収入を得たい」といったように、プログラミングを学んだ後の目標がないことには、プログラミングを学んでいる途中で何のために学んでいるのかわからなくなってきて投げ出してしまうでしょう。継続して学ぶためには、最初に「学ぶ理由」をはっきりさせることが必要です。

継続することが大事

プログラミングの学習は継続することが大切です。プログラマになった後も学ぶことを継続する必要があるため、まずは学ぶことを習慣化させてみましょう。プログラミングの学習の初期の段階で頑張り過ぎて長時間勉強してしまい、嫌になってしまって長続きしないという人が時々います。勉強を習慣化するためには、最初のうちは30分程度でかまいません。ただし必ず毎日継続して勉強するようにしてください。継続するためには学習のための時間をしっかり確保する必要があります。「時間が空いたら勉強しよう」といったような考えではなく、寝る前などに学習のための時間をきちんと作るようにしてください。

インプットもアウトプットも重要

プログラミングでは技術書を読むことが多いかと思います。読んで頭に入れる「インプット」は重要です。しかし読んだだけではなく実際にプログラミングをするという「アウトプット」がプログラミングの学習ではインプット以上に重要になります。ただ本を読んだだけでは「知っている」あるいは「知ったつもりになっている」段階に入っただけです。プログラミングの学習では、学んだことはちゃんとプログラミングして動かしてみないことには身に付きません。バグが出た時の対処方法を学んだり、これまで学んだことを応用させるといったことはプログラミングをしないとできないことです。環境を整えてパソコンでプログラミングしてみましょう。

コードを書き写してみる

プログラミングの学習を始めたばかりの人は、どんなプログラムを作ればいいのかわからないという人もいることでしょう。そういった人にとくに有効でおすすめしたいのが、コードを書き写すという勉強法です。コードを書き写す際には、命令語や構造などに注目し、それがどういった役割をしているのかを考えてみることが重要です。プログラミングとは、ある目的のために論理的な流れを作る作業と言えます。そのプログラムがどんな論理で書かれたのかを理解するためにも、コードを書き写しながら分析してみることはとても勉強になるでしょう。

第二新卒の転職活動に役立つ

  • 仕事は設計書作成から

    第二新卒でIT業界への転職を狙う人のために、プログラマの仕事内容を紹介します。プログラマとは、その名の通りプログラムをつくる人ですが、思いつきでプログラムを書いているわけではありません。プログラマは、SEがつくった仕様書にそってプログラミングをしていきます。仕様書というのは、プログラムの設計書のようなものです。開発規模にもよりますが、小さな規模の場合は仕様書作成もプログラマが担当することも良くあります。プログラミングのスタートは設計書づくりから始まるのです。この記事を読む

  • 優良企業に転職するなら

    優良企業に転職したい第二新卒者も自動車整備士という道が大変おすすめです。ひと昔前までは自動車は買って所有するのが一般的でしたが、時代の流れとともにその傾向も変化し、必要な時だけ借りて使うレンタカーや、何人かで共有するカーシェアリングなど、サービスが多様化しています。自動車整備士の就職先もそれに伴って幅が広がってきています。カーシェアリングの分野ではタイムズなどの大手優良企業が進出し、自動車整備士の求人も大手らしく安定した好待遇となっています。この記事を読む

  • 専門はメンテナンスや修理

    新卒で入社した会社が自分に合わず次の就職に悩んでいる第二新卒の人にも手に職をつけることをおすすめします。車が好きなら自動車整備士を目指してみませんか?自動車整備士は車両のメンテナンスや修理を行う自動車整備のエキスパートです。男性の割合が多い仕事ですが、女性整備士も増えてきています。自動車の整備不良は事故につながり、最悪の場合は人の命に関わることもあります。手先が器用な人、集中力が高い人、責任感が強い人、丁寧な仕事ができる人などに向いている仕事です。この記事を読む

人気の記事

  • 求人情報はネットで探そう

    第二新卒の求人情報はネットで探すのがベストです。宅地建物取引士の資格を持っているなら不動産業界に特化した求人サイトなどで検索すれば、大量に求人情報を得ることができます。さらにスカウト登録などをしておけば、求人企業からオファーが来たり、仲介業者から非公開求人を紹介してもらえたりもします。その中から、より好条件なものを吟味しましょう。ただ給料の金額だけで選ぶのではなく、仕事内容や事業所の雰囲気、福利厚生など総合的に比較判断することが大切です。宅地建物取引士の資格をもっていれば、資格手当てがつくこともあります。この記事を読む

  • 取得者の独占業務

    第二新卒で就職先を探すなら、特定の業界に特化して武器となる資格を取るのもひとつの手です。たとえば不動産業界への就職・転職であれば「宅地建物取引士」の資格を取っておけばかなり強力な武器となります。なぜなら不動産業では従業員の5人に1人は宅地建物取引士の資格保持者でなければならないと義務付けられているためです。さらに、重要事項の説明業務など、宅地建物取引士しかおこなってはいけないとされる独占業務もいくつか指定されています。この記事を読む

  • 働き方を考えよう

    第二新卒で転職を考えているなら、ついでにもっと将来的なことも考えてみましょう。今は目先の就職で頭がいっぱいかもしれません。でも、この先ずっと定年まで会社員として働きたいですか?日本ではまだまだ会社員という働き方が一般的かもしれませんが、それでも徐々に働き方は多様化しています。フリーランスや個人事業主、起業家など、企業に所属せずに自分の力で稼ぐ人が増えているのです。いずれは独立したいと思うなら、プログラマなど、独立に有利な職種を選ぶのも得策です。この記事を読む

ページTOPへ